日常

ルバーブのジャムを作りました!

おはようございます!

くりもとえみこです。

 

段々と暑くなってきましたね。

もうすぐ、5月も終わりですが、ルバーブがどんどん育ってきて、立派な茎が伸びています。

 

知らないって怖い

 

我が家には一株だけ、長く育てているルバーブがあります。

最初はこんなに大きくなると思っていなかったので、寄植えにしてしまった過去が(ㆀ˘・з・˘)

畑で育てるのが理想的な、とても大きく育つ野菜(もしかしてフルーツ?)です。

 

ルバーブってなに?

 

「ルバーブってよく知らない。」という方も、いらっしゃるかもしれませんので、

  • 扱いは?
  • 味は?
  • そもそもどこをどう食べるの?

と、いった、ルバーブのお話をしておきますね。

 

ルバーブは、茎を食べます。

葉には毒があるみたいなので、注意が必要です。

トトロを思い出すような、可愛くて大きな葉っぱですが、思い切って捨てましょう。

赤い茎のタイプと、緑というか白っぽいタイプがあります。

どちらも味は変わらないかなと思うのですが、ジャムにした時の色は断然『赤』が綺麗。

ちなみに我が家のルバーブは、残念ながら白?緑?の方です。

 

ご自宅で育てるなら、根がはれる場所に植えてあげてください。

植えっぱなしのほったらかしで、毎年目を出してくれて、立派に育ちます。

 

どんな味?

 

程よい酸味があって、優しい香りがします。

ジャムにしてヨーグルトに入れたり、パンにつけたりするのは、王道。

パイの中に、カスタードと一緒に入れると合いますよね!

酸味が特徴ですが、レモンの酸味とは違うんです。

キツくない。

とっても優しいお味です。

 

ジャムを作ろう

 

茎を食べるのですが、皮を向いたりしないので、まずはしっかりと洗います。

たわしなどを使うと、いいと思います。

地面から伸びた茎は、意外と泥が付着しています。

茎が長い状態の時は、扱いやすいので、最初にしっかりと洗ってあげましょう。

 

その後に、細かく刻みます。

量が多い時は、フードプロセッサーに頼るベし。

楽ちん♪

刻んだら、火にかけます。

砂糖とレモン汁を加えます。

砂糖は、ルバーブの総量の30〜40%

甘さはお好みで。

レモン汁は、適当。

(この時は、1.5kgくらいに対して、大さじ2くらい入れました)

酸味をプラスする役割もありますが、ルバーブ自体に酸味があるので、入れすぎ注意。

特徴の優しい酸味が、脇役になってしまいます。

レモン汁のそもそものやうわりは、色が変色しないためです。

なので、役割を果たせれば◯。

 

煮詰め具合は、ヨーグルトに入れるなら、サラサラがおすすめ。

ソースみたいで馴染みます。

パンにつけることが増えそうなら、しかりに詰めて、「とろっ」とさせてあげてくださいね。

 

そうそう、少量の場合は、レンジでチン。

簡単にジャムができます。

 

冷凍保存がおすすめ

 

ゴツゴツしているので、たくさんあると、「こんなに食べられるかしら?」と、思うかもしれませんが

火を入れるとやわやわになるので、心配ありません。

火を入れてから、冷凍保存しておけば、食べたいときに解答。

 

今回できたものは、すぐに使うためにビン1つ。

冷凍保存様に、ジップロックの小さいサイズに3つできました。

お菓子を作るときにも使えるので、冷凍しておくと便利です。

 

冷凍保存しても、全く問題ないですよ。

とっても美味しいので、ぜひルバーブを見かけたら、ジャムを作ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA